2015年3月15日日曜日

「運命」だから

エキサイティングに聞こえる演奏というのは、速さなのか・・・。
 
しくみを少し知っていたら、フレージングとか、デュナーミクとか、
気をつけてみる。 会場にいたら、演奏する姿も大きな要因。
それまでの経験を基準に、いろいろ思うのだけれど、
速さに全てを奪われてしまうことも あるように思う。
 
(マンション前、もう アネモネ?)

今晩のノセダ指揮、N響の「運命」。 先程まで、リアルタイムでにぎやか
でしたが、主題に特徴がある似たような路線?では、一昔前まで、
これ クライバーだね?と誰もがわかり、最近では、ヤルヴィ。 

こういう時に出てくるのは、いつも「運命」だ。 
他の曲では、ここまで 話題にならないからね。  


  *  *  *  *  *  *  クラシック ・ カフェ 48 *  *  *  *  *  *

3月23日(月)12時~16時 ( 出入り自由 喫茶代+参加費 ¥200

♪ スプリングソナタ ♪
  
  * アルゲリッチ&クレーメル1987年来日録音より、クロイツェル、スプリング他
         * メサイア第2部 (終曲 ハレルヤコーラス)

            【場所】 喫茶「ラルゴ」   コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                            神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

2 件のコメント:

  1. 知人のお兄様がN響におられて、たまにきになったら N響アワーご覧になるそうです。
    「運命かくの如く扉をたたく」 ミルツさんの扉はどんな時に音がなりますか?
    春色のお写真さわやかです 写真のセンスとってもいいんですね 私
    色のセンスまるでなくて>< いつも洋服など何色を買おうかまよいます。
    今度からミルツさんのアドバイスをお聞きしたらよさそうですね

    返信削除
  2. 運命の扉を叩く・・・ロマンティック意味では未だ気がついて
    おりませんが(笑)
    この主題は・・・怖い。マーラーにつながる。

    最近、お花の写真を撮るのが楽しみになってきました。

    返信削除