2017年1月20日金曜日

アルト

アルト・ザ・デュオ  ヴィオラ・声・ピアノで綴る「歌」
1月19日 大阪フェニックスホール
今井信子(Vla) 波多野睦美(Vo) 高橋優介(Pf)
 

最初少し アクシデントがあったが、だんだん調子が上がり、
貴重な編成の音楽を楽しめた。
 

目的は、ブラームス「アルト、ヴィオラとピアノの為の2つの歌 作品91」
この曲を生で聞けた!嬉しい。
 
ヴィオラとアルト、それに寄りそうというか溶け込んでいたピアノ。
特に、「聖なる子守歌」の出だしヴィオラの軽やかさが後に続く
印象を持ち上げたような気がした。
 
会場で、以前 クラシック講座で ご指導頂いた福本先生にお会いした。
いま神戸でNHKの講座をされているが、日程が合わず行けていない。
また いつか ピュアな お話を聞きたいと思った。


              *   *  *  *   クラシック ・ カフェ 70   *  *  *  *

2017年1月23日

♪ 生誕150年 グラナドス ♪

【場所】 喫茶「ラルゴ」  コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                           神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

2 件のコメント:

  1. よく演奏会行かれてるんですね
    私はご存知の通りで・・・・ 相変わらず 母の病院通いや
    歩く練習に追われています。 アクシデントってなんだったのかしら??
    私かなり昔ですが ポートピアホテルで行われた フルートコンペティションで
    ペダルの音がおかしいと思ったらサスティンがハズレ 急遽調律になってそれも30分くらいかかっていました。


    返信削除
  2. シューベルトのソナチネだけ ヴァイオリンで演奏されたのですが、出だしからピッチがおかしい・・・そのうち音が抜け出して・・・。でもヴィオラになって、だんだん調子が出て来て最後2曲は綺麗でした

    返信削除