2016年11月20日日曜日

ずれ

11月19日 高橋悠治 ピアノコンサート at  神戸クレオール
~ サティ初期 と ユージの最近 ~
 

左右が微妙に ずれる。 いや ずらしている。
良くわかったのは、ジムノペディ。 ベースがほんの少し先行し
右のメロディが、ねっとり歌われる。
 
昔、三宅榛名とのデュオでも「ずれ」をよくやっていた。
2台ピアノで わざとずらし、でも最後に、バシッと合わせる。
 
今日は一人で。
 

グノシェンヌの解説がよく納得できた。作曲した頃  開催された 
パリ万博で、ドビュッシーはガムランに、サティは、ルーマニアに
興味が惹かれたという・・・。 そんな感じするする!
 

悠治さんの最近作オリジナルも「ずれ」がコンセプトだったよう。
でも、聞いていてわからない!
 
1回聞いただけじゃわからないようにしてあるのか・・・
こんなことが 多々あるのが 高橋悠治。
 
「ずれ」は、きちんとたどり着かない、解決しない、また以前の
言葉だが 「折り目の裏が見える」 というようなコンセプトで
音楽を奏でると言っていた。
 
クラシック作品の場合、下手すると本当に下手に聞こえてしまう
危険があるのに、悠治さんは見事にコンセプトを成立させ、
音色を聴かせる ♪
 
 
クレオールから 坂を降りると 「レヴィーニュ」
今日は 温かかかったので スパークリング!
 
      *  *   *  *  *   クラシック ・ カフェ 68  *  *  *  *  *  

11月28日12時~16時( 出入り自由 喫茶代+参加費 ¥200)

♪ 映画仕立てのオペラ ♪

【場所】 喫茶「ラルゴ」  コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                           神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

0 件のコメント:

コメントを投稿