2016年7月3日日曜日

ステアケイス

今晩のNHK音楽館、チック・コリアと小曽根真のモーツァルト2台の協奏曲。
第1,3楽章カデンツァは、やはりジャズっぽくいつもと違う雰囲気で良かった。
 

アンコールでは、あのような即興をされてしまうと、どんな音楽ファンも
参ってしまう(良い意味で)

小曽根真は神戸出身で、私が初めて勤めた楽器店社長が
「まこちゃん」と言って、小曽根家と懇意にしていると良く聞かされた(笑)
もともと お父様がビッグなジャズオルガニストですよね

ぼーっと見ていて思いだしたのが、たぶん15年以上くらい前、同じ
チック・コリアとキース・ジャレットの同じプロだったか?その時キースの
方が少し やんちゃな気がしてエキサイティングだったのを覚えている。
 

キース・ジャレットは、私の年代 好きな人が多い。 
「ステアケイス」は、結構みんな持っている。 
今も たまに聞きたくなるし・・・。  美しい作品。
 
 
余談だが、今日の番組で好きだったはずの「エニグマ」が
     なぜか印象に残らなかった・・・。

      *   *   *  *  *   クラシック ・ カフェ 64 *  *  *  *  *  

7月25日12時~16時( 出入り自由 喫茶代+参加費 ¥200)

リクエストがありましたので次回は
展覧会の絵

以前「ロシア5人組」でしましたが、次回は「展覧会の絵」だけに
しぼって、ピアノ曲、オケ曲、またいろいろエピソード、
お気に入りソフトなど、お聞かせ下さい。

【場所】 喫茶「ラルゴ」  コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                           神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

2 件のコメント:

  1. こんにちは 暑いですね>< 小曽根真さんて 私たちと同い年なんですね
    同じ年で世界を舞台に活躍する人もいるし、なんか複雑です 音楽を愛する気持ちって変わらないと思うんだけどね タイトルわすれましたが 彼の作曲した曲でとても美しい曲がありました。 ジャズっぽくなくてね きれいなピアノ曲でした。 

    返信削除
  2. 小曽根真、我々よりたぶん年上だったと思いますが・・・。
    最近クラシックも録音しているようです。

    この番組では、チックが変わらぬ魅力を見せてくれたのが
    嬉しかったです。

    返信削除