2015年6月10日水曜日

ロシアピアノ音楽

昨夜、アマデウスで「ピアノ音楽のラビリントス」シリーズ
「魅惑のロシアピアノ音楽Ⅱ」を聞いた。
ピアノとレクチャーはオーナーの八木良平さん。
 
スクリャービンは、クラシックカフェのお陰で少し情報収集
出来ていたので、親しめた。 息子さんの作品も父親とそっくり。
 
ロシア5人組で、全然知らなかったキュイの曲が聞けて良かった。
サロン風の洒落たピアノ曲。  どこかグリーグ叙情小曲集にも
雰囲気似ていると思った。
 
とても流暢なお話ぶりは楽しく、ご自身がこういう
珍しい曲を面白がっている気持ちが伝わってくる。
 
 (手作り!!ジンジャエール)
 
後半、ロシアの近現代のタンゴ集。
土着性のある、時には演歌のような。ふと、高橋アキが
ストラヴィンスキーとかのタンゴ集を出していたのを思い出した。
 
晩8時からという落ち着いたライヴ時間。
そういえば昔「ヴィーナスのアトリエ」なるものが
ここであったなぁ・・・(笑)
 
  *  *  *  *  *  *  クラシック ・ カフェ 51 *  *  *  *  *  *

6月22日(月)12時~16時 ( 出入り自由 喫茶代+参加費 ¥200

♪ マーラー交響曲第7番 ♪
第2楽章と第4楽章に「夜曲」と名付けているので「夜の歌」と
いう副題が有名ですね。 この曲にまつわるエピソード、
お好きな演奏のCDなど、お待ちしております。

【場所】 喫茶「ラルゴ」  コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                           神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

0 件のコメント:

コメントを投稿