2015年5月26日火曜日

クラシクカフェ50

5月25日 クラシック・カフェ 50 
 
★詩からインスピレーションを得て作られた曲集

真夏のような日差しの中、たくさんのご来場ありがとうございました
 

まずは、ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」 とっても妖艶な内容
の詩です。 長文で全部ご紹介できなかった。
バレエもそのうち見たいなぁ・・・。今日は 冨田版。

「夜のガスパール」は、ベルトランの詩集から。 
「夜想集」「拾遺集」からチョイスされた詩の集まりで、
「絞首台」はちょっとグロテスク・・・。
サンソン・フランソワ~何かとっても 暖かみがあって
良かった♡ と、ピアニストの方と意気投合。

「月の光」ヴェルレーヌの詩。月の描写でなく、愛を語っていたのですね。
 

さて本日 クラシック・カフェは4周年を迎えました。 お越し下さる皆様と
喫茶ラルゴさんのお陰です。 ありがとうございます。
これからも楽しく過ごしていきたいと ♪ みんなで乾杯しました!

ヘルダーは、影響力の強い詩人だったようです。
ブラームスのインテルメッツォop117-1、「ある恵まれない母親の
子守歌」・・・私が弾いた録音で聞いて頂きました(汗)。
 
バラード「エドワード」は、肉親間の生々しい内容で・・・それで
こんなに暗い曲だったのですね。 バックハウス。

シェーンベルク「浄められた夜」は、デーメル。 簡単に言ってしまうと、女性が
不倫相手の子を宿し、恋人が認知してあげるという、詩の内容はどうでしょう?
素敵!と言う方、ちょっと昼メロっぽいという方。  
詩以上の素晴らしい曲だと思います。
 

お客様のお勧めで、ラフマニノフ2台のピアノの為の組曲第1番。
2番は、友人と発表会で弾いたことがあったのですが、1番も良いですねぇ。
初期の作品らしいです。終曲の耳に残るパっセージが未来を予測している
ようです。 バイロンやロシアの詩人の作品が各楽章に添えてあります。

最後にショパンのバラード第4番。
ミツケヴィッチの詩ということですが、どの詩か諸説あるようで・・・
若いダン・タイ・ソンの演奏で。
 
来月は、終わりに少し話題になった、マーラーの第7番を聞きたいと思います。


  *  *  *  *  *  *  クラシック ・ カフェ 51  *  *  *  *  *  *

6月22日(月)12時~16時 ( 出入り自由 喫茶代+参加費 ¥200

♪ マーラー交響曲第7番 ♪
 
第2楽章と第4楽章に「夜曲」と名付けているので「夜の歌」と
いう副題が有名ですね。 この曲にまつわるエピソード、
お好きな演奏のCDなど、お待ちしております。

【場所】 喫茶「ラルゴ」  コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                           神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

2 件のコメント:

  1. またこんな時間に書き込んですみません (‿_‿✿)ペコ
    もう一昨日のことになるんですね 遅れてすみません 最後の
    ダンタイソン迫力でしたね~@@
    自分の演奏のなんと薄っぺらいことかおもいしらされました。
    それからいろいろなお心遣いありがとうございます。
    とっても楽しかったです。

    返信削除
  2. ありがとうございました。
    「今日は、ちょっと時間ができたからクラシックカフェにでも
    行ってみるか」みたいな感覚で、気軽にお付き合い下さい。

                             

    返信削除