2015年3月23日月曜日

クラシックカフェ48

3月23日 クラシック・カフェ 48
 
                        ★ スプリングソナタ
                        ★ メサイア第2部
 

メサイアを全部聞く~今日は第2部。 終曲は「ハレルヤコーラス」
賛美の曲には、トランペットが大活躍。
 
 

お持ち込みレコードは、イ ムジチの「四季」。水分たっぷりの質感・・・いい感じです。
以前イ・ムジチは古いと、ブログで書いてしまったけれど(反省)、
その時格好良いと思ったオリジナル奏法も、モダン奏法もそれぞれのスタイル。
 

挿絵も素敵。


今日のテーマは、ベートーヴェンヴァイオリンソナタ第5番「春」
第1楽章のピアノソロアレンジの楽譜を頂きました。 
少し弾いてみたら、指が喜ぶこの感触。

第3楽章を聞いていると、今日はなぜか月光の第2楽章が浮かんできた。
 
グリュミオー&ハスキルの1957年録音のCDを持って来て頂きました。
 初めてでしたが、多彩な音色☆ 雰囲気つつんでくれます。
「スタンダードなんだよね。ほっとする」というお声も
 
私は、第4楽章などで、ピアノが主旋律を弾く時、ピアノの音がもう少し
聞こえて欲しいなと思いました。何となく マイクがヴァイオリンの近距離に
あるような・・・そういう録音をする時代だったのかも。

クレーメル&アルゲリッチは、どうでしょう? 喜んで聞いて頂きましたが、
グリュミオーより、テンポゆっくりだったのに、ゆったりが感ない!?
アルゲリッチの 目 を見ているとそう聞こえてくるのかな(笑)。
 

クロイツェルも聞いて頂きました。お好きな方がたくさん居らして良かったです。
緊迫した演奏ですね。 そういう曲だし。二人のスター性が発揮されている。
いろんな話が尽きないのも、この二人だから。

ベートーヴェンヴァイオリンソナタは、9番と10番は、op47からop96まで年数が
飛んでいるそうです。ピアノソナタや弦楽四重奏曲は一生かけて作曲されて
いるのに・・・。10番が穏やかな曲らしく、ベートーヴェンがVnソナタにかける
意識が変わったのかな~という貴重なお話を聞かせて頂きました。
 
 
最後に、モーツアルト2台のピアノの為の協奏曲。 ラベック姉妹。
前回3台の方でしたので。 口ずさみたくなる明るい曲です。
よかったよかった ♪ と 今日も楽しいティータイムのひとときでした。
 
次回は手ごわいです!
スクリャービン没後100年アニバーサリーの日になります。
みなさん、おしえてください。


  *  *  *  *  *  *  クラシック ・ カフェ 49    *  *  *  *  *  *

4月27日(月)12時~16時 ( 出入り自由 喫茶代+参加費 ¥200

♪ スクリャービン没後100年 ♪

* 色光ピアノってどんなの?神秘和音とは?情報をお待ちしております
          * メサイア第3部 

            【場所】 喫茶「ラルゴ」   コーヒー・紅茶 ¥400 カレー¥600他
                            神戸市中央区中島通1-4-4
                           神戸市営バス ② 系統「青谷」バス停前

2 件のコメント:

  1. 昨日は久しぶりのラベック姉妹の演奏とアルゲリッチをご一緒させていただきましたが
    次回のスクリャービン 苦手というか全然分からないジャンルの音楽です><
    個人的にはメロディが主体の音楽の方が好きです 
    ふと思ったのですが、 ミルツさんの演奏もYOU TUBEにアップされては
    いかがでしょうか?? ぜひゆっくり拝聴してみたいな ✿。(◠‿◠)。ღ.:*・゚。
    上手く時間があれば次回のクラッシックカフェぜひお邪魔したいですが
    願わくば 母が出る元気があるといいです。 

    返信削除
  2. 昨日はありがとうございました。
    スクリャービンは私も全然わからないのですが、たまたまアニバーサリーの日と
    重なったので、トライしてみました。

    お母様お大事に。

    返信削除